Apple IDを乗っ取られて、多額の請求が来た時の対処

クレジットカード会社からの電話で発覚した「不正な取引」

2013年1月27日(日)、まったりと自宅で休日を過ごしていた時のこと。突然携帯電話が鳴る。見たことがない電話番号だったので、いったん電話を取らずスルー。5分後、再び同じ番号から電話がかかってきたので、電話を取ってみた。

「こちらは○○カードのセキュリティセンターですが、お客様のクレジットカードで最近のご利用についてお伺いしたいのですが、最近AppleのApp Storeでのご利用はありましたか?」

何のことかと思えばそういうことか。App Storeで結構利用もしてるし、電話のあった前日も利用したばかりだったので「あーはいはい」という感じで答えていたら、どうにも様子がおかしい。

App Storeでの利用があまりに短期間で連続しているので、カード会社の警報システム(そんなのがあるんですね)が作動したので、念のために連絡した、ということ。おかしいな?と思って、一旦電話を切って確認する旨を伝えて、メールソフトを立ち上げてみる。

すると、「受領番号:XXXXXXXXXXXXXX」というAppleからのメールがズラーーーっと。前日に利用した1件を除き、合計して8万円超の請求が。もちろん自分で利用した覚えはありません。すべてが不正に使われたものでした。


不正利用されたもの

iTunesで見た注文履歴。このページはすべて不正利用

不正利用されて、何を購入されたかというと、iPhoneのゲームのゲーム内課金のチケットです。そのほとんどが3,000円単位で購入されています。(後述しますが、自分自身このアイテム課金を使ったことがあるのがちょっとややこしかった)購入の時間帯は、1月25日から、1月26日の2日間の夜間・深夜でした。


「Apple IDを乗っ取られて、多額の請求が来た時の対処」の続きを読む