プラモデルの保存箱を作ろう


数が増えるとかさばるプラモデルの箱をなんとかしたい


プラモデルを作るのはイイのだけど、数が増えてくると飾る場所も無くなってくるので、一部のプラモデルを保管したいですよね。問題はその保管方法。元あったプラモデルの箱、捨てちゃったりしてませんか?今度からは残しておくとよいかもしれません。プラモデル(というかガンプラ限定かもですが)プラモデルの箱をリサイクルした、保管用の箱の作り方を紹介します。

※この方法はホビージャパン誌で紹介されてたり、かなり詳しく作例を紹介されているサイト(ケンビル様のブログ)もあり、果たして自分が今更紹介する意味あんのか、と思いましたが、一応補足説明や手抜き(ぉぃ)の手順を紹介してるという事でご容赦頂ければと。

準備するもの

  • 定規(10cm以上計れるもの)
  • 鉛筆(切り取るための線を入れるため。慣れればなくてもOK)
  • ハサミ
  • ホッチキス
  • プラモデルの箱


今回は、HGUC 高機動型ザクII(シン・マツナガ専用機)の箱を使います。
実はまだ、これ表面処理とサーフェイサー吹いてるだけで止まってます(未完成品w)



プラモデルの箱は、上箱(ボックスアートが書いてある方)と、下箱(無地の場合が多い)に分かれます。これから上箱/下箱それぞれをかさばらない大きさに縮小していきます。


作り方1:下箱の工作

まずは、下箱の長辺の端から幅10cmのところで、写真のように側面にハサミを入れます。丁寧にする場合は、一度鉛筆で仮のラインを引いてから切ると良いでしょう。幅10cmというのは、ガンプラで一般的な1/144スケールのプラモデルの場合ほぼ収納できると思います。ただ、オプションパーツ等の関係で、収納できない場合は、適宜実際のキットを置いてみて、最適な幅でカットしてください。

1/100スケールのマスターグレード(MG)のプラモデルは、ちょっと大型になるので、10cm幅ではキビシイかもしれません。実際にプラモデルを置いてみて大きめに切りましょう。車や戦車のプラモデルでも有効かもしれませんが、飛行機のプラモデルの場合は、難しいかもしれませんね。


ハサミを入れたら、切ったところから折り曲げます。このとき、10cmの幅で切った方が外側に来るように折り曲げると、仕上がりがきれいに見えます。



折り曲げたら、ホッチキスで留めて、箱の余分な部分を切っていきます。(間違えて切らないようにw)僕は、スピード重視の手抜き作業なので、最初にホッチキスで留めますが、斜めになるんですよね。この辺が気になる方は、鉛筆でラインを引いて、ハサミで切ってからホッチキスで留めると良いでしょう。





カットしました。これで下箱の工作が終了しました。続いて上箱の工作に移ります。

作り方2:上箱の工作

続いて、上箱の工作です。もともとプラモデルの箱は、上箱は、下箱よりも少し大きいサイズで作られています。まったく同じサイズだと蓋としての上箱が閉まりませんからねw と言う事で、上箱のカットは、下箱よりも若干大き目にカットします。



ただ、大体のプラモデルの箱においては、カッチョいいボックスアートが描いてあります。これを最大限生かして「上から見ても横から見ても、プラモデルの中身が特定できる」ことと「見栄えが良いw」ところをカットするのが一番良いと思います。

上の写真の場合は・・・うーんどっちから切ろうか迷いましたが、今回は右側から切ることにしました。


ちなみに、1/144 RG(リアルグレード)では、ボックスの右端にモビルスーツの全身図が描かれており、まさに収納箱にうってつけのデザインとなっています(笑)

さて、話がそれましたが、上箱をカットします。上箱は幅10.4cm(※1/144スケールの場合)でカットするのが良いと思います。



上箱の幅だけ、下箱より4mm程度大きくカットする。これさえ守って工作すれば、ちゃんと箱として機能しますので、自分自身で最適なサイズを導きだしてください。僕は端数を計るのも面倒だし、幅を揃えた方が整理しやすいので、下箱10cm、上箱10.4cm固定でやってます。

あとの工作は、下箱と同様にしていきます。



これで、上箱の完成です。どうですかね?この箱の中にシン・マツナガ専用のザクIIが入っているのが分かりますよね(笑)



プラモデルを収納してみよう


これで、箱の工作は完了しました!プラモデルを実際に収納してみましょう。
プラモデルを作ると、例えばガンプラで、交換用の手首パーツとか、武器パーツとか、パイロットフィギュア(極小!)とか色々とオプションパーツが出てくるわけです。気を抜くとすぐ無くしたり、といった経験はありませんか?

今回作った収納箱にしまってしまえば、無くなる確率はグッと減ると思いますが、写真のような小型のジップバッグに部品一式を入れておくと、小さいパーツや、シール・デカールなども保管できて便利ですよ。100円均一のショップでも、10枚入りで売ってたりとかしてますので、探してみてください。



さて、このバッグを箱に入れて・・・



プラモデル本体も入れて・・・(アンテナが折れそうな場合は、何か衝撃を吸収する何かを入れても良いでしょうね)



ついでに、説明書もかるーく折り曲げて箱にいれちゃいます。



最後に、上箱をしめて、完成!!



いかがですか? だいたい、プラモデル(ガンプラ)の箱は30cmくらいの大きさが多いので、相当なサイズダウンが出来たと思います。箱の中にプラモデル本体やオプションパーツ、説明書も収納出来て保管にはうってつけかと思います。今までプラモの箱を捨ててたというあなた、是非次に作るプラモデルから試してみてくださいね。


投稿者